小さい頃から毛深いことに悩んでいました

私は小さい頃から毛深くて、それを男子たちにさるみたいだとか本当は男なんじゃないのかとからかわれる事が多くて、小さい頃から毛深いことに悩みを持っていました。

そのため、小さい頃からムダ毛の処理は欠かせませんでした。特にプールの時は、念入りに処理をしていました。

プールの時って、男女関係なく、毛深い人はどうしてもからかいの対象になってしまうので、水泳は好きでしたが、そういう意味ではプールの時間は気が重いものでした。

中学生の頃になれば、友達同士でムダ毛の話をすることもあり、プールの授業もなかったため、さほど気にはしていませんでした。

夏になれば薄着にもなるので気にかけることも多かったのですが、冬は薄着にもならないので処理の手抜きはよくしています。わきや足は特に夏になると、露出することも多くなりますが、ムダ毛がかなり頑固で、太く剛毛なんです。

夏の時期は暑さに負けてしまい、Tシャツを着ますが、電車に乗って吊革を掴むようなことをすれば、処理はしても毛穴が目立つので、わきが隠れる半袖を着るように気をつけていますが、背が低いので半袖でもちらりと見えているんじゃないかと気にして、恥ずかしくなったりもします。

足に関しては、もうとにかく剛毛で、カミソリでしっかり剃ったとしても、毛穴がすごく目立ってしまい、毛穴が赤くなったり、皮膚に埋没している毛が黒い点のように見えてしまうのです。

いくらカミソリで剃っても埋没している部分は剃ることも出来ず、夏でもレギンスやハイソックスを履いて、足を見せることは絶対にしないようにしています。

しかも、夏になると、何だかムダ毛の生えてくる早さが早いような気がしていて、すぐ足を触るとちくちくしてきて、剃るタイミングも早くなってきているように感じています。そんな事もあるので、肌色ストッキングを履かなければならない時はすごく恥ずかしいんです。

なるべく色の濃いものにはしているのですが、よくみると、毛穴の黒いぽつぽつが見えるのですごく恥ずかしくて、早く履きかえたいと思ってしまいます。たぶん誰もそこまで気にして見ていないとは思うのですが、自分で見るとやっぱり気になってしまい、1人で恥ずかしいなと思ってしまっています。

足の頑固なムダ毛がきれいになったらいいのにと思いながらも、脱毛クリームを使ってもやはり同じ状態なので、脱毛クリニック(このような・・・脱毛仙台)に行きたいなと考えることもありますが、あまりにも剛毛なので、サロンの人にそんな足を見せるのも恥ずかしいし、サロンに行くお金もなくて・・・

今は専業主婦なので自分のお小遣いっていうのが無く・・・行くならローンを組んでいかないといけないと思います。

そうなると、独身の時にしておいた方がよかったかも・・・なんて思います。